有機廃棄物処理

 

アースラブ資材を活用し、有機廃棄物を全て分解処理し、残さを一切出さない有機廃棄物消滅型処理

方式が可能です。

 

 

 アースラブ資材による有機廃棄物処理の工程及び特徴

@当社開発混合練機にて処理したい有機廃棄物とアースラブ資材を約30分混合します。

  <処理物及び破砕状態にて混合時間は異なります>

A攪拌が終了したら、機械より排出し、熟成保管場所にて規定の形状に積み上げ、約2週間<処理

物により異 なります>熟成させます。

B熟成後の処理用基材はこの段階で、有機廃棄物を混合させる前の処理用基材の容量に戻ってい

ますので、再び有機廃棄物と混合して使用します、場合により、処理用基材に含まれているおが屑自

身も分解されていき ますので、不足された分を足す必要があります。

 

                  大規模な処理プラントの場合には全てを自動化したシステムも設計中です。

   

 代表的な処理物

      生ゴミ      剪定枝    家畜糞      汚泥

 

 使用資材アースラブ

 

 

 

Web サイトに関するご質問やご感想などについては、yabe@earthlove.co.jpまで電子メールでお送りください。