@排水処理 A有機廃棄物処理 B畜産分野 C農業分野

                                                            

 

 

排水処理  

     

このシステムは「酵素活性作用補助剤」と「酵素活性作用維持装置(ENAMエナム)を従来の活性

汚泥水処理プロセスに組み込むことで、水浄化の自然の営みをスピード化し、システム機能の効果

を大幅にアップさせることができる点が最大の特徴です。同時に、悪臭解消、省エネや汚泥の大幅

減量などが計れる設備構成を実現しています。このため、財政的な厳しさに直面している地方公共

団体や民間企業に対して費用対効果にかなった設備設計の提供を可能としています。また、新設

だけでなく、 既設施設の改善にも適用できるシステムです。

 

酵素活性化方式排水処理法での処理フロー

 

 

     

システムの仕組み

 

酵素活性化法による排水処理システム

 

(1)液状原水(有機汚泥、汚水、粉砕生ゴミ、高濃度廃液等)および、処理水の循環水を希釈循環

槽に 受け入れ攪拌、混和する。希釈用循環水は、流入原水のSS濃度にあわせて曝気槽の最適条

件を維持するために、その水量を調整して供給される。これにより、曝気槽のMLSS(浮遊汚泥物質)

を軽減し、酵素活性作用補助剤による酵素反応の活性を早め、汚泥粘度を低下させ、分離性が著し

く改善される。

 

(2)分離性の良くなった処理水は、固液分離装置(重力沈降、機械式分離、膜分離等)により、清澄

水と汚泥に分離される。清澄水は希釈水として、循環利用し、濃縮された汚泥は、汚泥分解槽に送ら

れ、槽内に貯えられた酵素活性作用補助剤による酵素反応の活性により減量化される。本システム

では、所定量の 酵素活性作用補助剤の初期段階に予め汚泥分解槽に充填しておく。

 

(3)ENAMエナムは、酵素活性作用補助剤(ORP)と水素イオン濃度(PH)をコントロールし、活性条

件を維持するとともに、酵素活性作用補助剤の適量を汚泥分解槽に補給する装置でシステムの安定

化を維持する。

 

システムの特徴

 

ENAMは2つの特徴を備えた設備である。

@高分解性の酵素を高活性状態に維持する。

ORPとpHの数値を適時補足し,その変位の改善のためプロトンH、電子eの発生のコントロールを行

う。

A酵素活性作用補助剤の補給を行う。

酵素活性の必須ぶ活物質である有機アミノ酸20種類と特異的金属イオンを必要に応じて補給する。

 

効果

@悪臭の解消、酵素活性作用補助剤は酵素反応の活性が高いため、有機物分解に強力に作用し、

悪臭物質も分解され、悪臭が発生しない。

A省コスト、ENAMエナムで酵素反応の活性に不可欠な酵素活性機能を維持する。酵素活性作用補

助剤の補給は少量で経済的である。

B汚泥の大幅減量、汚泥の有機成分が分解され、大幅に汚泥が減量する。

(乾物重量で60〜80%)

 

 

 導入例

  水産加工施設排水処理   農業集落排水処理施設  

  リゾートホテル合併処理施設   畜産糞尿処理廃水施設

 

 導入実績、会社概要参照

 

 

 

                                                                

                                                                    Web サイトに関するご質問やご感想などについては、yabe@earthlove.co.jpまで電子メールでお送りください。